B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

丁寧かつ妥協なき
造園・外構のプロ

 

継続する中で植木が大好きになった

 
130205_k1495_ex01.jpg
大切な庭木を長持ちさせるため、丁寧な仕事を心がける
吉井 厳しい下積みを経て独立までした原動力になったのは、どんなことだったんですか。
 
堀切 振り返って思うのは、やっぱり植木を好きになったことでしょうね。植木はもともと自然に生えているものです。神様が太陽や風など自然環境を使って剪定して成長させたものですから、同じ形のものが2つとない。仕事を続けているうちに、そういう今までは見向きもしなかった自然の素晴らしさを感じるようになったんです。たとえば山へドライブに行っても、仕事で使う機会が多い、三つ葉ツツジや紅葉がふと目に止まるようになってくるんですよ。
 
吉井 仕事で関わったものって印象に残りますから、プライベートで見かけても目に止まりやすくなることって、確かにありますよね。
 
堀切 そうですよね。だから、自生している三つ葉ツツジや紅葉を見かけた時なども、「剪定する時にはこうすればいいのか」という気付きや発見があるんです。すると、仕事がどんどんおもしろくなってきて、「この建物と合わせるにはどうしようか」と考え、工夫するようになる。続けているうちにのめり込んでいました。今の時代、どんな仕事をしたいかわからない人もいると思うんです。私のように、その世界に入って続けてみることで好きになるケースもあると思うから、迷わずに飛び込んでみるのもいいかもしれませんね。
 
吉井 経験者の言葉には説得力があります。そういえば御社でも求人募集をしているとうかがいましたよ。
 
堀切 はい。ここ数年はありがたいことに依頼が増え続けているんですよ。それで、忙しくなってきたので、求人募集を始めたんです。
 
吉井 それでは、求職者の皆さんに御社をご紹介したいのですが、様々な依頼を受ける中で培われた御社の強みってどんなところですか。
 
堀切 住まいの外回りに関するご依頼であれば、何でも対応できることですね。お庭の植木剪定やお手入れ、造園設計・施工、外構工事、マンション植栽管理など、幅広いご依頼に対応しております。
 
130205_k1495_g02.jpg
吉井 それはすごいですね。「ここだけしかやれません」と言うより、「外回りなら何でも」と言ってもらえれば、お客様としてもいろいろと相談しやすいはず。でも、多様な依頼に応えるためには、たくさんの専門技術が必要でしょうね。
 
堀切 はい。当社には20代から60代の職人がいて、植木、ブロック積み、左官工事、タイル工事・・・と、それぞれが得意分野を持っています。だから、ハウスメーカーさんのお仕事でも、個人宅でもマンションでも、幅広く、しかも細かいニーズに対応可能です。
 
吉井 そうした優れたスタッフさんのお仲間入りする方が早く見つかるといいですね。でも厳しい世界だそうですから、この業界に入るのに、二の足を踏む方もいると思うんです。
 
堀切 確かに厳しい部分はありますので、そこは求職者の皆さんにも事前にお伝えしています。でも、私がそうだったように、体力は後からついてくるものなので心配しなくても大丈夫です。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事