B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

確かな技と親身な姿勢
整体で「痩せたい」を応援

 

食べて痩せる、を院長自ら実践!

 
140123_k1520ex01.jpg
こちらがダイエットを始める前の片岡院長の写真
川﨑 ホームページのNEXT式ダイエットの紹介に「院長自らが実践!」とありますが、良いスタイルですね! 背もぼくより高いんじゃないかな?
 
片岡 身長は184cmで、5年前の2009年頃までは体重が120kgもありました。この写真はダイエットを始めて1年後の私ですが、自分でも別人に見えます(笑)。
 
川﨑 確かに見違えましたね! しかし、なぜ痩せようと決意したのですか? 
 
片岡 最初に「痩せなくては」と思ったのは、会社員時代に体調を崩して整体院にお世話になり、100kgオーバーの体重によって、体中に負担をかけていると実感した時です。でも私は食べることが一番のストレス発散法だったので「食事制限をするくらいならいいや」と考えていました。
 それが5年前、健康上からダイエットを始めたのですが運動と食事制限が私にとって大きなストレスとなり長続きしませんでした。そんな時、私の所属する手技療法の学校、アイ・セラピスト専門学院水戸校の天ヶ谷先生から自らの整体院で提供しているノンストレスのダイエット方法を勧められました。朝食を水分中心にして昼は軽く、夕飯は好きなものを食べるダイエットです。
 
川﨑 食べる喜びを味わいながら痩せようという、いわゆるブックスダイエットですね。その方法でどれほどの成果があったのでしょう。
 
片岡 3ヶ月で25kg減で、最も変化のあった月は1ヶ月に9kg落ちましたね。
 
140123_k1520t01.jpg
片岡院長の奥様・吏夏先生もセラピストとして活躍する
川﨑 25kgって、小学校低学年の子供1人分ですよ! 5年前なら、当時院長は40代半ばですよね。そんなに急に痩せて、周囲の人は驚きませんでしたか。
 
片岡(吏) 「体調が悪いんですか?」と心配されていましたね(笑)。でも、外食やお酒も制限しなかったから、本人もストレスを抱えていないのが私にもわかりました。むしろ性格も社交的になって、楽しみながら痩せていった感じですね。
 
片岡 目の前に食べ物があればすぐに口にしていたのをお腹が空いてからにしたり、お酒も蒸留酒を飲んだりと意識した点もありますが、細かく指示されるダイエットに比べれば天国でしたよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事