B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人材力と自由な発想で
ビジネスを総合的に支援

 

恥をかき学びつつ、全員で社会に貢献したい

 
吉井 今年2013年の12月3日で会社創設1周年を迎えられたようで、この1年を振り返って、いかがでしたか?
 
山岡 率直な感想は 「かけるだけ恥をかいたな」 です(笑)。あと、「経営者は格好をつけていても務まらないな」 とも。まだまだ知らないこと、学ぶべきことは多い。それを痛感した1年でした。そのたびに皆さんにご指導いただいたり、スタッフに助けてもらって・・・。良い仲間、そして良いクライアント様に恵まれましたね。
 
吉井 私も最近は 「わからないことは質問しないほうが恥」 と思うようになりました。誰かに助けてもらうと 「一人じゃないんだ」 と感じることもできて、それが自信にもなるんですよね。
 
山岡 率直に話して助けてもらうのも、人と信頼関係を築くうえで必要なことだと思います。それに、経営者だって一人の人間だし、人間一人にできることには限界がありますから。
 
吉井 その部分を、まさにスタッフの皆さんが気持ちを一つにして支えてくださっているんですね。
 
131211_k1493_d03.jpg
山岡 スタッフには本当に感謝しています。それぞれのプロジェクトで頑張ってくれていますから。お客様に対しても、今後もっと期待値を高くしてご依頼くださるようになると嬉しいです。見事にそれに応えて 「良い裏切り」 ができた時のお客様の 「おお!」 と喜ぶ顔が、私たちにとって何よりのやりがいですからね。
 
吉井 常に前進されているNナビさんの、2期目に向けた目標を教えてください。
 
山岡 まだまだ我々が日々戦っているフィールドでやらなければいけないことや、改善できることは多くあります。そこを追求していきます。そして長期目標は、ズバリ 「継続」 です。50年後、100年後も社会に求められる会社にしたい。それが究極だと考えます。
 
吉井 「社会に求められる」 って、大事ですよね。人も企業も。
 
山岡 おっしゃる通りです。私の両親は地域社会のために長年働いた地方公務員でして、その影響で私も 「社会へ貢献したい」 と考え続けてきました。父は無償で小学生のサッカーのコーチを20年やっており、今もオン・オフ問わず地域に貢献する生活を続けています。そんな両親を尊敬しますし、その信念を、私も自分の仕事を通じて実践していきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
誰にとっても、仕事は逆境や向かい風の連続のはず。悔しい、情けないなど、いろんなネガティブなことを思いますよね。私はそれらの感情を全部ひっくるめて 「楽しい」 と感じます。ただし、「悔しい」 「苦しい」 などは仕事に本気で挑んだ人しか感じられない。仕事を楽しむとは・・・「本気でやる」 ことです。
(山岡厚之)
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 社名 株式会社Nナビ
 ■ 本社 〒231-0006 神奈川県横浜市中区南仲通4-49 福久ビル 2F
 ■ 四日市支店 〒510-0075 三重県四日市市安島1-5-10 KOSCO四日市西浦ビル 7C
 ■ 事業内容 営業支援事業/メディア事業
 ■ 設立 平成24年12月
 ■ 従業員数 8名
 ■ ホームページ http://n-navi.jp