B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

サッカーでプロ選手に!
アルゼンチンへ留学支援

 
 
131106_k1428_g01.jpg
城 ぼくも現役時代にアルゼンチンと試合をしたことがあります。確かに彼らのプレーは本当に激しいし、しかも汚い(笑)。
 
四方 いい意味で汚いですよね。だから強いんだと思います。いくら上手いサッカーができても、激しさ、汚さがないと試合には勝てません。サッカーは激しく身体をぶつけ合う中で、どのくらい技術を出せるかを問われるわけですから。
 
 それに、いい意味でのずる賢さも必要ですよね。日本人はそこが足らないと思うな。フェアプレー精神を重視するから。アルゼンチンやスペインにはそういう言葉はない(笑)。
 
四方 そうですよね。だから、スキルを学ぶのはもちろんですけど、相手の汚さ、ずる賢さを身をもって体感し、同じことをやり返すのではなく、それに対抗するためのスキルを習得していくことが必要だと思います。それが学べるのがアルゼンチンなんです。
 そして何よりも、プロになるチャンスが多い。下部リーグでも点を取っていれば評価されるし、仮に得点王にでもなれば上のリーグに引っ張ってもらえます。下部リーグとはいえ公式戦なので、翌日の新聞にも結果やプレーの採点が載りますしね。
 
城 へえ! 試合ごとの結果がそこまで注目されるわけか。選手のモチベーションも上がるだろうな。それに、国によっては留学しても数試合しか出場させてもらえないケースも多い中、御社のホームページを拝見すると、37試合中35試合に出場した留学生もいるようですし、出場チャンスが多いのもいいですよね。試合にたくさん出ることがレベルアップの近道と考えれば、経験できることは本当に多いはず。今後は現在の事業をどのように発展させていく考えなんですか。
 
131106_k1428_k01.jpg
四方 留学生の中からJリーグや海外のトップリーグで活躍する選手を輩出したいです。さらに、選手を日本や海外に売り込む代理人としての事業も確立させていきたいですね。
 
 海外の下部リーグのプレーは日本ではなかなか見る機会がないけど、そういう環境で頑張っている選手は結構いるはず。ただ、スカウトもそこまで手が回らないので、彼らが取り上げられるチャンスは少ないでしょう。だからこそ、四方代表がコネクションをつくって、海外で這い上がっていくような選手を発掘し、日本に売り込んでもらえれば、Jリーグのレベルもさらに上がるかもしれないですね。これからのご活躍を楽しみにしています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
100%の力で取り組むことです。99%ではなく、全力で取り組めば、仕事を楽しむことができると思います。
(四方浩文)
 

:: 事業所情報 ::

サッカー&ソサエティー

〒275-0002千葉県習志野市実籾3-22-33

ホームページ
http://www.soccer-and-society.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事