B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

利島産のヤブ椿から生まれた
スキンケア「美椿」シリーズ

 

椿油生産日本一!
伊豆七島の利島を知る

 
130828_k1299_ex05.jpg   130828_k1299_ex06.jpg
 伊豆七島の一つ・利島。豊かな漁場として知られ、マリンレジャーも人気の自然豊かな島です。島のあちこちに椿林があり、その数は約20万本。特産品である椿油は生産量日本一であり、世界にも誇る名物となっています。
 
130828_k1299_ex07.jpg
130828_k1299_ex08.jpg
130828_k1299_ex09.jpg
130828_k1299_ex10.jpg
 ヤブ椿は冬~春にかけて花をつけ、9月中旬から実の収穫を行います。この収穫は重労働ですが、島の高齢化が進み、お年寄りが椿産業を支えているのが現状です。収穫した椿の実は天日に干し、中の黒い実を取り出してさらに乾燥。その後、選別され粉砕、蒸し上げ、搾油、濾過といった工程を経て 「椿油」 となります。利島の椿油の品質は優れ、江戸時代には幕府への献上品となっていました。
 
 

潤いのある素肌へ導く
「美椿」のスキンケア

 
130828_k1299_ex11.jpg    130828_k1299_ex12.jpg   
 
 
 
 
 無農薬で栽培された利島産のヤブ椿だけを原料に使用したスキンケア 「美椿」 シリーズ。
 さらりとした使い心地の「美椿スキンケアオイル」(左)は、夏の日差しや冬の乾燥から肌を守り、みずみずしく健康な肌へと整えます。
 また、90日かけてじっくりと固めた枠練り石鹸「美椿スキンケアソープ」(右)は、椿オイルの美容成分を高濃度配合し、潤いを保ちながら、クリーミーな泡で汚れを落とすことで、健やかな肌を保ちます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事