B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

英語が自然に身につく
楽しく通える英会話教室

 

バラエティ豊かなレッスンで楽しく学ぶ

 
130424_k1102_d01.jpg
ジュトー そうなんです。やはり子供たちには楽しく英語を学んでほしいですから、音楽を取り入れることで、より英語を身近なものにしてもらう工夫をしています。CDやテキストなどの教材も全て私のオリジナルですから、伝えたいことが明確になっているうえに教材費にかける費用を抑えられるんですよ。
 
川﨑 それは親御さんにとっても嬉しいですね。生徒さんはお子さんだけですか?
 
ジュトー ほとんどの生徒は小学生の子供ですが、曜日ごとに年齢層を分けていますから、3歳児から上は78歳まで、幅広い年齢の生徒さんが通ってくれていますよ。
 
川﨑 78歳とは、尊敬しますね。それだけ幅広い年齢の方を教えられるのは、生徒さん一人ひとりのことをしっかりと考えられているからでしょうね。
 
ジュトー 特に子供に教える時には、バラエティに富んだ指導を心がけています。音楽はもちろん、ゲームを取り入れてみたり、体を動かしてみたり。子供は一人ひとり違う手段で学ぶんです。たとえば、話すことが好きな子もいれば、体を動かすことが好きな子もいる。それぞれに得意なことが違いますから、その子たちに合わせた内容で教えるようにしています。
 
130424_k1102_g02.jpg
川﨑 楽しく勉強できないと、学ぼうという意識も続かないですもんね。
 
ジュトー その点、当教室は出席率が100%なんですよ。子供たちが休まないんです。風邪をひいた時は代わりの日に振り替えして来てくれます。
 
川﨑 子供たちはジュトー先生のクラスが大好きなわけだ。
 
ジュトー 子供たちの親御さんとコンタクトを欠かさないことも大きいんだと思います。子供たちの教室での様子を伝えたり、上達レベルに合わせてクラスを変更していいかどうかを相談したり。
 
川﨑 そうか、そういった心配りも重要なんですね。ただ英語を話せれば先生になれるわけではない、と。他にも英語を教えるにあたって大切にされていることって、ありますか?
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事