B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

子の自律心を養い
起業家の力を育む

 

自分の力で道を切り拓ける子供に

 
130417_k1074_ex01.jpg
リトミックで、お母さんと一緒に音階に合わせて体を動かす子供たち
綾森 私が幼児教育に関わり始めた頃というと、世は小学受験ブーム。そのため、幼児教室では指示した内容を正確に模倣することを中心に教えていました。たとえば、丸や三角を言われた通りの大きさで、言われた通りの場所に描く子が 「合格点」 だったんです。
 
石黒 そうなると、芸術家は全員不合格ですね。
 
綾森 当時 「丸い物、三角の物を自由に描きましょう」 といった個性を育てる教育は行われていませんでしたからね。そうして、その子供たちが高校生になる頃に犯罪の低年齢化が社会問題になりました。私は、「これは偶然ではなく、“指示待ち教育” が一因だ」 と考えまして、「サン・キッズ」 を立ち上げたのです。
 
石黒 “指示待ち教育” が一因というのは?
 
130417_k1074_d01.jpg
綾森 ○○しなさい、と指示されるまで何もしない子を、「指示待ちっ子」 といいます。進んで物事に取り組もうとしない指示待ちっ子は、成長してトラブルに直面しても自分で解決できず、ストレスをため込んでしまう傾向にあるんですよ。そうしてフラストレーションが許容範囲を超えると爆発してしまうことがあるのです。
 
石黒 私も3児の母として、最近は 「自分で考える」 ことに重きを置いた授業が学校で行われるようになったと感じています。文部科学省が今頃気付いたことに、綾森社長は早くから取り組まれていたのですね。我が子が幼い頃に綾森社長と出会っていたら、スクールに通わせたのに。
 
綾森 石黒さんも、育児や教育について悩まれたことがあったとか?
 
石黒 今考えれば、私自身が親として未熟だったのですが、当時はあれこれ悩んだものです。読んだ育児書を積み上げたら、きっと自分の背丈よりも高くなりますよ(笑)。でも、結局どれを読んでも正解がわからなくて。たとえば、ある本に 「毎日散歩に行きなさい」 とあったので、雨の日も寒い日も散歩に出かけました。今考えると滑稽ですが、当時はそれが正解だと思いこみ、ストレスになっていたんです。また、別の本に 「母性で全てを受け止めなさい」 とありましたが、当時は 「母性ってどこにあるの?」 状態でした。
 
130417_k1074_ex002.jpg
夏期の「最年少直前講習会」の様子。楽器遊びや塗り絵を行う
130417_k1074_ex03.jpg
受験対応クラスの授業風景。みんな積極的に発表!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事