B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

社員のスキルが結実した
独自の一貫輸送システム

 

感謝と思いやりを持つ。社員を大事にする

 
130327_k1065_ex001.jpg
名高 素晴らしいですね。そして、この庫内は清潔感があるし荷物もキレイに整理整頓されています。
 
川村 創業者である私の父が、整理整頓にこだわっていました。常に整頓整頓をしておかないと、庫内作業で事故が起こる可能性も高まりますし、何より、お客様の商品をお預かりしているのですから、いい加減な荷扱いをするなど、もってのほかです。
 
名高 基本を徹底するのはなかなか難しいものでしょう。それを実行している御社は、お父上の代からきっと立派な経営をされていたんでしょうね。
 
川村 ご評価いただき光栄です。父はチャレンジ精神の塊で、積極性があるんです。だから、どんな依頼も断らなかった。そのスタイルが今も息づいているから、先ほどの保税蔵置場の許可も得られたのだと思っています。
 
130327_k1065_ex002.jpg
水陸両用の車などレアな荷物も数多い
名高 私の父も一代で鉄工所を築いた人間なんです。それで私の兄を二代目に、私を工場長にするのが望みでした。兄は事業を引き継いで立派にやっていますが、私はこうして俳優をやっていて(笑)。
 
川村 そうだったんですか。私は、高校卒業と同時にここで働き始めました。会社を継ぐことに迷いはなかったです。父は現在、相談役を務めていて、私が迷ったり困ったりした時に、背中を押してもらっています。うるさく口を出すわけでもなく、後ろで支えてもらっているので、非常にやりやすいですね。
 
名高 ゼロから会社を築いた人なのだから、自負もあるでしょうが、川村社長が困った時以外、手を出さない。信頼されているんですね。
 
川村 考え方や会社を成長させてきた努力の大きさは、私の年齢がどれだけ父に近づいても、敵わないかもしれないですね。
 
名高 私の兄も 「親父がゼロから起業した力には勝てない。後継ぎは先代の精神を活かしつつも同じことをするのでなく、会社を守り、さらに成長させるためのエネルギーが必要」 だと言っていました。
 
130327_k1065_ex03.jpg
社員あってこその会社。その理念が揺らぐことはない
川村 確かにそうですね。その辺りが自分の力を試される部分だと思います。だからこそ、基盤となっているこれまでの会社の理念は大事にしたいんです。
 
名高 その、会社の理念をお教え願えますか。
 
川村 自己が成長すること。そして他人への感謝と思いやりを持つことです。そして、お客様と同じくらい、社員を大事にすることですね。彼らがいるからこそ、会社が前に進めているのですから。