B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

社員のスキルが結実した
独自の一貫輸送システム

 

強みを活かして独自のサービスを提供

 
130327_k1065_ex005.jpg
規模を拡大するより既存の組織を充実させるのが青葉流
川村 ありがとうございます。経営方針を理解してくれる社員のおかげです。事故防止対策と一口に言っても、身に付けるべき技術や意識すべき習慣は山ほどあります。それを徹底しようとする会社の意向を社員が汲んで、ついて来てくれるからこそ実現できる。逆に彼らに学ばされることもあるくらいです。
 
名高 企業理念が浸透しているんですね。安心して現場を任せられるじゃないですか。
 
川村 実は、私も現場に出るんですよ。サービス業ですから、現場作業こそが重要だと思っています。社員と一緒になって働きますし、トラックに乗ることもあるんです。現場で顔を合わせていれば社員の表情もわかりますしね。悩み事を抱えていると事故の元になりますから、常にコミュニケーションを心がけ、ケアできるように努めています。今年に入ってスーツを着たのは、今日が2度目なくらいで(笑)。
 
名高 まさに 「社内一丸」 という感じだ。今後は、どんな企業にしていきたいですか。
 
川村 当社だからこそできるサービスを追求したいですね。通常、貨物がお客様の手元に届くまで、コンテナ輸送・倉庫・トラック運送会社と複数の業者による複数の工程が必要です。しかし当社では、その一連の作業を全て一貫して行うことができるんですよ。
 
名高 一社でできるとどんなメリットが生まれるんでしょう。
 
川村 手間を徹底的に省くいっぽうで、お預かりした品物を迅速かつ安全に、しかもコストを下げて提供できます。こうした一貫輸送システムを構築している企業は、大手さんに多いんです。でも、そうした企業は業務を手がける部署が縦割りでそれぞれ異なります。ところが、当社では社員全員が、どの作業にも取り組めるノウハウを持っているんです。つまり、大手さんよりもスピーディに対応できるんですよ。
 
名高 小回りが利く組織だからこそのメリットですね。しかも、全員がどの業務でもレベルの高い仕事ができるから、イレギュラー対応もしやすい。最初から最後まで責任を持って品質管理できるのはかなりの強みでしょう。
 
130327_k1065_d02.jpg
川村 はい。それこそが当社らしい特長を打ち出したサービスだと思っています。だから、企業規模を大きくすることには、さほどこだわっていないんですよ。
 
名高 それは理想的な企業のあり方の一つだと思いますよ。
 
川村 課題を挙げるとすると、定年を迎える社員が運転や荷役作業をしないで、他の仕事で力を発揮できる職場環境をつくることです。
 
名高 私の兄も、社員は見捨てないそうです。「最後まで面倒を見てくれる」 と信頼されれば、社員も頑張ってくれますからね。御社は社員を大切にし、みんなで助け合うことを重視していらっしゃる。その心構えさえあれば、きちんとしたサービスをするための方法や手段は自然と浸透するのだと思いました。これからも社員の皆さんとともに頑張ってください!
 
 
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 社名 株式会社青葉
 ■ 本社 〒136-0082 東京都江東区新木場1-7-19
 ■ 事業内容 一般貨物自動車運送事業/貨物運送取扱事業/倉庫業/保税蔵置場 他
 ■ 設立 昭和58年10月
 ■ 従業員数 28名
 ■ ホームページ http://www.tokyo-aoba.co.jp