B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ハワイでの海洋葬で
心に感動と安らぎを

 
 
121107_k0910_ex02.jpg
ハワイの海で、故人との別れの時を穏やかに過ごす
相原 確かに、お悔やみを述べると 「慌ただしくて悲しんでいる暇もない」 という声が返ってくることがありますね。
 
小林 その慣習自体は悪いことではありません。私の兄が葬儀社で勤めていることもあって、日本式の葬儀は私にとっても身近ですし、形式通りに行うほうがスムーズな場合もあります。しかし、故人様の想いをカタチにする葬儀があってもいいじゃないですか。同じように、選択肢の一つとして、散骨・海洋葬というスタイルがあってもいいと思うのです。
 
相原 お墓にはお墓の良さがあるけれど、入る、入らないは自由ですし、お墓参りのスタイルももっと自由であるべきだと私も思います。
 
小林 日本人の誰もが憧れるハワイで最後の家族旅行を楽しみながら、故人様を楽園にお還しし、ご家族が笑顔で 「さようなら」 が言えることが弊社の願いです。そして葬儀が故人様を偲ぶものであると共に、残された家族の絆を深めるきっかけになればいいですよね。お墓参りを兼ねたハワイ旅行がいけないという決まりはありません。「来年も来るからね」 ってハワイの海に言えるって、素敵だと思いませんか?
 
相原 とても素敵! それなら、火葬までは形式通りの方法で行って、落ち着いてから散骨を行うという手順でもいいのでしょうか。
 
121107_k0910_d001.jpg
小林 もちろん。一周忌に合わせたり、誕生日に合わせたりと、散骨の時期に決まりはありませんからね。海洋葬は、亡くなった方と一緒に旅行を楽しむ感覚でいいと思うのです。当社では現地スタッフがお客様のコンシェルジュのようにケアさせていただきます。リムジンでのお迎えからセレモニー、その後の観光まで、全てお任せください。
 
相原 なんだか、個人旅行のようでいいですね。
 
小林 そうですね。海はつながっていますから、ハワイに行けない年や、日頃のお参りは海に向かって祈りを捧げればよろしいでしょう。できれば、生前にご家族の皆様と没後のことや最後のセレモニーについて考え、希望を伝えることが不安を少しでも軽減する第一歩だと考えています。当社ではそのようなご相談も承っております。
 
相原 葬儀は神聖なものですが、神聖であることと画一的であることは違う。きっと御社の海洋葬は、今後より多くの人に支持されることでしょうね! 
 
 
 

:: 企業情報 ::

株式会社マイレ

〒197-0803東京都あきる野市瀬戸岡324-7

フリーダイヤル 0120-010-113
ホームページ http://maire.co.jp/

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事