B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 熊本県出身。父親の影響で幼少の頃から大工仕事に触れるも、社会人のスタートには新聞販売業を選択。22歳の時に交通事故で半年間の療養を余儀なくされ、自らの原点に戻ることを決意。父親の下で大工の修業を始めた。1988年に家業を発展させて(有)常栄建設を設立し、2004年に民家工房常栄(有)に社名を変更。国産材を使い、昔ながらの工法で仕上げる注文住宅 「元 (はじめ) の家」 が好評を得ている。
 
 
 
家を建てる際に使う塗料や接着剤に起因する “シックハウス症候群” が問題となってからというもの、「健康住宅」 を謳う家が乱立した。しかし民家工房常栄有限会社の代表取締役である山本常美氏は、しっかりとした目で、それらの住宅の本質を見極めていかねばならないと指摘。可能な限り化学的な添加物を避け、安心安全な食材にこだわるライフスタイルを垣間見ながら、山本氏の住宅づくりに対する真摯な姿勢に触れた。
 
 
 

日本の家づくりの原点に戻ろう

 
121003_k0868_g01.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 山本社長は2度目の経営者インタビューご登場ですが、私がおうかがいするのは初めて。本日は楽しみにしてきました! こちらは、御社が手がけておられる、環境と人に優しい木造住宅のモデル住宅ですね。
 
山本 そうです。国産材を100%使い、壁は全て漆喰の塗り壁・・・すなわち、昔ながらの工法を活かした木造住宅を展示しています。日本の家づくりの原点に戻ろうということで 「元 (はじめ) の家」 と命名し、ブランド展開しているのですよ。私も、大ファンである川上さんに、最近の取り組みについてぜひお話したいと思っていました。まずは、こちらをご覧ください。
 
川上 これは、ミツバチですよね。蜂蜜を採取されているのですか?
 
山本 はい。ここにいる日本ミツバチは、一般的な西洋ミツバチに比べて飼育が困難で、蜂蜜も採集量が少なくなっているため “まぼろしの蜂蜜” として珍重されています。日本ミツバチは性質も穏やかで、巣箱に手を差し込んでも刺しませんから、触ってみてください。
 
川上 蜂を素手で触るのなんて初めて・・・。なんだか、温かいですね。
 
山本 ミツバチは自らの体温を48℃前後まで上げ、天敵であり、致死温度が42℃であるオオスズメバチから身を守っているのですよ。
 
121003_k0868_ex01.jpg
「元の家」 モデル住宅で飼われている日本ミツバチ
121003_k0868_ex02.jpg
巣箱に手を入れてみて 「温かい!」 と、川上さんもびっくり
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事