B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

老舗の味と企画力で
食の魅力を発信!

 
 
121003_k0841_t01.jpg
吉井 何か大きなきっかけがあったのでしょうか。
 
栗尾 30代後半になって、これからの人生で何をすべきか本気で考え直したときに、「自分は他の人より食にこだわっている」 とつくづく感じたんです。実家の縁で和菓子業界や食品業界の方ともたくさんつながりがありましたし、やはり自分は食を仕事にすべきだと気付き、決断しました。
 
吉井 それまでのキャリアに乗ったままでいる選択肢もあったのに、本当にやりたいことに一から挑戦されるのは、勇気がありましたね。
 
栗尾 ありがとうございます。当時はちょうど、兄が三代目として店を継いだばかりでもあり、自分が東京で培った経験やノウハウや人脈で兄をサポートしてあげたかったし、それが私を育ててくれた実家への恩返しにもなると思ったんです。
 
吉井 素敵な恩返しですね。きっとご実家の皆さんも感謝されてると思いますよ。
 
 

人に配慮できるアットホームな店にしたい

 
吉井 栗尾商店さんが東京にお店を出すのは、今回が初めてなんですか?
 
121003_k0841_ex04.jpg
一流の施工業者による高品質な店舗デザイン
〔写真・(株)ナカサアンドパートナーズ〕
栗尾 実は二度目なんです。一度デパートに出店したこともあるんですが、徳島と東京では離れすぎているので、運営管理が大変だったようですね。今回は東京駅さんからオファーを受けての出店です。こちらに私がいてプロデュースできている点が前とは違いますね。
 
吉井 実家の方々も心強いんじゃないでしょうか。オープンして間もないですが、反響はいかがですか?
 
栗尾 おかげさまでご好評をいただいています。芋のお菓子という昔ながらの素朴な商品ですが、味は、食べてもらえれば絶対においしいと思っていただける自信があるんですよ。あとはパッケージや店舗の印象が大切なので、今回は一流のデザイナーさんや、技術力の高い施工業者さんたちにコンセプト立案の段階から依頼してプロデュースを行えたので、素晴らしい店を作ることができました。
 
吉井 今後がますます楽しみですね! お店の印象はスタッフでも左右されると思いますが、そのあたりはどんな教育を心がけていらっしゃいますか。
 
121003_k0841_d02.jpg
栗尾 おっしゃる通り、店の雰囲気はすぐお客様に伝わります。その意味で、私はスタッフに 「アットホームな店にしよう」 と話しているんです。完璧な人間はいない、誰にでも得手不得手がある。それをみんなが輪になって助け、人に配慮してあげられる楽しい職場にしていくことが、一番大切だと思います。
 
吉井 とっても共感できるお考えですね。どんなにいい商品を置いていても、店員さんにギスギスしたところがあると 「買うのやめよう」 と思ってしまいますもの。
 
栗尾 そうでしょう。接客の際の言葉使いも、ていねいに話すのはいいことですが、そこに注意が向きすぎると他の面がおろそかになってしまうと思うんです。言葉は失礼にならなければそれでいい。それよりも、フレンドリーに、自分の言葉で接客し、一人ひとりが個性を発揮して店を盛り上げていってほしいと考えています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事