B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

社会の価値ある情報を
価値あるサイトで発信

 

幅広いジャンルのデザインに対応

 
120711_k0806_g02.jpg
矢部 確かに、私もWebサイトって毎日目にしますが、実際にそれがどういう仕組みで作られているかまでは知りません。だから、難解なコンピュータ用語を使われてもさっぱり・・・。
 
竹内 そうでしょう。そうしたお客様の気持ちが理解できるから、説明の時もできるだけわかりやすい表現を心がけているんです。
 
矢部 それは親切! お客様も相談しやすいでしょうね。
 
竹内 コンペに参加するとよくわかりますが、Webデザインを行う法人・個人はたくさんいます。その中で競争に勝とうと思えば、何か他社と違うところがなければなりません。デザインの質や制作スピード、価格など業者によって長所は異なりますが、私は懇切丁寧であることを強みにしたいんです。
 
矢部 きっとそれは大きな武器になりますよ。それにしても、Webデザインの受注にもコンペがあるんですね。やはり、入札形式になるのでしょうか。
 
竹内 はい。Webデザインの仕事は、必ずしもクライアントの方とお会いして打ち合わせをする必要がないぶん、全国の業者が受注可能ですしね。請負価格はもちろん、ラフデザインやこれまでの実績、提案などをクライアントが総合的に判断し、発注者を決めることになります。当社でも、マッチングサイトのコンペを通じて受注に至るケースがあります。
 
矢部 全国の業者さんの中から選ばれるなんて、素晴らしい提案力をお持ちなんですね。竹内代表のデザインの特徴は、どのようなところにあるのでしょう。
 
120711_k0806_d02.jpg
竹内 実際に私が作ったページをご覧いただけますでしょうか。
 
矢部 あ、これは美容室のサイトですね。女性が好みそうな、エレガントで落ち着きのあるデザインだと思います。
 
竹内 こっちは不動産会社のサイト。リノベーションに焦点を当て、マンション購入層向けのシックな作りにしてみました。
 
矢部 わぁ、先ほどの美容室とコンセプトがまるで違いますね! 別の人が作ったみたい。他にもイメージが異なるサイトはありますか?
 
竹内 こちらはどうでしょう? レンタカー会社のサイトです。
 
矢部 ファミリーに好まれそうな、暖かみのあるデザイン! 本当に、多種多様な企業のサイトを制作されているのですね。
 
竹内 基本的にはご依頼があればどのようなデザインでも可能です。得意なテイストとしては、透明感のある、線の細いデザインでしょうか。余白を多めに取り、見やすさを意識したものが多いですね。
 
矢部 わかります~! リンクやバナーが多いサイトに行くと、途中で見る気を失っちゃう(笑)。
 
竹内 画面を情報で埋めすぎてしまうと、大事な情報がぼやけてしまう可能性がありますからね。クライアントの皆様にも、情報で埋めすぎないように、余白をとって掲載するようにとアドバイスしています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事