B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

外食産業で街の活気を取り戻す
前橋再生に懸ける老舗の新展開

 
 

「もてなしの工夫」で街を活性化

 
矢部 このご時世でも、気軽に飲める店があれば人々の気持ちを解放できる、と。
 
120523_k0769_d01.jpg
鈴木 ええ。Z-BARに来られたお客様のうち何割かでも 「もう一軒!」 と思う方が出てくれば、飲食業界も息を吹き返すでしょうから。
 
矢部 Z-BARが、活性化の足がかりになるのですね。
 
鈴木 そう。だけど私たち、おもてなしする側も、ただ食事とお酒を用意するだけじゃ能がない。お客様が 「今日は遊んで帰りたい」 と思わせるようなもてなしの工夫が必要です。
 
矢部 店員さんが手品や芸をしてもてなすお店もありますが、普通の飲食店で芸人さんを呼ぶわけにもいきませんし・・・。工夫と言っても、難しいですね。
 
鈴木 そういえば以前、芸達者で有名な六本木の店を貸し切って店員の方々に出張してもらい、その店をまるごと前橋で再現しました。あれは好評だったなあ。
 
矢部 六本木を前橋に持ってきたようなものですよね。すごい!
 
鈴木 商工会の仲間とよく話すんですよ。東京に遊びに行くのはいいけど、そのたびに 「東京っていいなあ」 と、寂しい思いをして帰ってくるようじゃいけないって。「東京もいいけど、前橋も負けてない」 と思えるような街を作らなくてはね。
 
120523_k0769_ex01.jpg
初日の離れ「舞扇」。こだわりの料理と空間で特別なおもてなしを
矢部 都心に匹敵する、もしくは前橋ならではのユニークな店ができれば、東京まで行く必要がなくなりますからね。
 
鈴木 その通り。店員が芸をするだけが工夫ではないと思うんですよ。たとえば、今日、矢部さんをお招きしたこの 「舞扇」 は、一日一組のお客様しかお招きしない離れ。高級食材を贅沢に使ったこだわりの料理をお出しするだけでなく、建物の雰囲気も大正時代の 「洋と和の融合」 を意識し、非日常を演出しています。日常を離れた空間の中で一客一亭、一期一会のおもてなしをする。それもお客様を楽しませる工夫ではないでしょうか。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事