B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

アメリカだからこそ味わえる
キャンピングカーで自由な旅を

 
 

家族・友人・ペットとも一緒
旅の幅が広がるモーターホーム

 
120516_k0762_t001.jpg
宮地 「キャンピングカー=お金持ちの遊び」 というイメージが変わりました。ホント、お得! 実際、日本人のお客様はどのような方がご利用されていますか?
 
小林 ご家族連れや、50~60代の方々のグループやご夫婦が多いですね。最近では、家族2世代・3世代の旅や、SNSで旅の仲間を募った方々の “モーターホームの旅” もお手伝いさせていただいています。お子様4人を連れた6人家族のお客様は、上のお子さんが中学に上がる前の思い出作りとしてご利用くださいまして、「旅の間ずっと一緒に過ごせて家族の絆が深まった」 「普通のツアーだと電車やバスの乗り降りだけで大変だった」 とおっしゃっていました。モーターホームは荷物を積んだままでいいですし、キッチンも大きな冷蔵庫もあるから、スーパーで食料を買って自分で調理して自宅同様にすごせます。車内は変圧が利いているので、日本から持ち込んだ電気製品もそのまま使えます。携帯電話やパソコンの充電に困ることもないですよ。
 
宮地 便利ですねぇ。私はホテルだと何だか落ち着かなくて、ゆっくり寝られないんです。自由に過ごせるモーターホームだったら安心だな。友人どうしでワイワイ行きたいなぁ。
 
120516_k0762_ex05.jpg
卒業旅行での人気も高い。思い出深い旅になること間違いなしだ
小林 20代の方ですと大学の卒業旅行や、学生時代や会社の仲間たちとのご旅行でご利用くださるケースも多いですね。あと、女性二人組の旅もアレンジしました。
 
宮地 いいなぁ、最高の思い出づくりになりますね! 私、犬をペットホテルに預けるのが好きじゃないので、最近は海外旅行も全然しなくなりましたが、モーターホームなら一緒に連れて行ってあげられますね。
 
小林 行けます。今はペットの海外渡航の申請も簡単になり、きちんと事前に手続きをすれば、帰国時の係留期間が12時間以内で済むようになりましたからね。
 
宮地 それなら大丈夫そう。アメリカだったらフロリダのディズニーワールドに行きたいなぁ!
 
120516_k0762_d02.jpg
小林 宮地さん、実はディズニーワールドの敷地内にもディズニー経営のRVパークがあるんですよ。そこに滞在して、シャトルバスで遊びに行けます。夜の花火もRVパークからよく見えますよ。実際アメリカに来られるときは空港から現地日本人スタッフがレンタルオフィスまで送迎しますし、モーターホームの貸出し手続きもサポートします。カーナビは日本語対応のものもレンタルでき、緊急事態には現地の日本人スタッフも24時間対応していますので、「車が故障した」「道に迷った」 など、困ったことがあればいつでもご連絡ください。
 
宮地 心強いですね。小林社長、今後やってみたい目標などはありますか。
 
小林 ハワイでの新しい形のツアーを考えています。ハワイのキャンプ場はデイキャンプでも夜10時まで利用できるところが多いので、小型のバンタイプのキャンピングカーを提供して、バーベキューなどで気軽にハワイの夜を楽しんでいただける企画を考えています。だって、せっかくハワイに行ったのに、夜はホテルにいるだけなんてもったいないですよ。一歩外に出たら大自然で、360度星空が広がっています。パッケージツアーで行くお客様にも、ぜひ野外で楽しんでいただきたいですね。
 
 
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 社名 トラベルデポ・インコーポレイテッド
 ■ 本社 アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市カラカウアストリート2222スイート605
 ■ 日本オフィス 〒261-0013 千葉県千葉市美浜区打瀬2-22-4-1403
 ■ 事業内容 キャンピングカーによるアメリカ旅行のプランニング・サポート/専門旅行会社
 ■ 設立 平成18年11月
 ■ 従業員数 3名(他にアドバイザリースタッフ3名、全米各都市にアテンドスタッフ)
 ■ ホームページ http://www.motor-home.net