B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

健康で美しい歯を守るための
地域密着型の歯科医院

 
 

自分の意志で未知の世界へ
歯科も命に関わる治療であると実感

 
111207_k0633_d01.jpg
五十嵐 田中先生はどうして歯科医になろうと思われたんですか? 実家が歯科医院をされているケースが多いですが、先生の場合は?
 
田中 私は、父は高校教師、母は中学教師という、医療とは全く関係のない家庭で育ちました。もともと細かい作業が好きで人の役に立つことがしたかったんです。歯科医師という選択肢はその中から生まれてきました。ですから、すべて自分の意志です。
 ただ、医療の世界は 「医師の家系じゃないと」 というイメージがあるでしょう? だから無理かな、とも思ったんですが、やってみないとわかりませんし、父も母も 「やりたいことをやれ」 と言ってくれましたから。本当に両親には感謝しています。
 
五十嵐 未知の世界に飛び込んで、驚いたこともあったでしょう。
 
111207_k0633_d02.jpg
田中 はい。まず大学2年生の時にびっくりしたのが、歯学部でも人体解剖をすること。歯だけではなく全身です。要するに、歯を抜くのも外科手術なんですね。その時に、「歯医者も命を扱う仕事なんだ」 との意識を強く持つようになりました。たとえば歯肉癌や舌癌など、口内で見つかる重篤疾患もあるわけですから。
 
五十嵐 舌癌も歯科の領域なんですか?
 
田中 はい。私は大学を卒業後、志願して鴨川市の亀田総合病院に勤務しましたが、ここは当直もあり、緊急性の高い患者さんが来る病院でした。しかも当直中は全部一人で診療します。単に歯が痛いだけではなく、顎が外れたり、事故で口の周辺を傷めてしまった方も来られました。本当に様々な患者さんを診させていただいて、その中に舌癌の患者さんがいらっしゃったんですね。漠然と違和感があって来院され、早期発見だったので大事に至りませんでしたけれども。
 
111207_k0633_ex03.jpg
模型を使うのもわかりやすく説明する工夫だ
五十嵐 たかが歯科、ではないんですね。なるほど。
 その意味で、やっぱり定期健診は大切ですよね。乳癌や子宮癌検診などは自治体から通知が来て、受ける側の意識も高いですが、歯はそういった動きがないじゃないですか。歯科も自治体が補助金を出して定期健診を行えば、もう少し状況が変わる気がします。
 
田中 医師や医院の側の問題もあります。昔の歯科医は理由も説明せずに歯を抜いたりしてましたよね。それでは患者さんは怖がって遠ざかってしまいますよ。ですから、私はまず来やすい医院を作り、しっかり説明をして治療に臨んでいるのです。
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事