B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。慶応義塾大学卒業後、スカウト・ヘッドハンティング事業を行うレイス(株)に入社。日々の営業業務の中で、インターネット上の悪意ある情報に悩む経営者の声を聞き、業界に先駆けて風評被害・誹謗中傷対策を社内事業としてスタート。2008年に同事業を継承する子会社、シエンプレ(株)を設立して社長に就任。高度な技術力に加え、徹底した情報管理により多くのクライアントに支持され業績を伸ばしている。
 
 
 
インターネットの普及に伴い、匿名の誹謗中傷が経営者たちを悩ませている。根拠のない情報が業績に悪影響を及ぼすばかりか、企業の存続を揺るがす例すらある。シエンプレ株式会社代表取締役の清水亘氏は、こうした被害をなくすための対策サービスのパイオニアだ。その視線は、顧客企業だけではなく、守りたいと願う存在=次世代の子供たちにも向けられている。清水氏に、創立の経緯や仕事にかける想いなどをうかがった。
 
 

ネット上のネガティブな情報を抑制・削除

 
101208_k0295_g01.jpg
インタビュアー 大門正明(俳優)
大門 本日はシエンプレ株式会社にお邪魔して、清水亘社長と、営業担当の徳丸貴司マネジャーにお話をうかがいます。まず、御社の業務内容をご紹介いただけますか。
 
清水 昨今、インターネット上で、企業や個人に対する根拠のない誹謗中傷や、一方的な思い込みによるクレームなどが氾濫しているのをご存知ですか。弊社はクライアント企業への誹謗中傷や風評被害への対策を行っています。具体的には、悪意のある検索結果を表示させない方法や、掲示板やブログ等に掲載されたネガティブな書き込みを削除するサービスを提供しています。
 
大門 ネット上の特定の情報を消すなんて、そんなことができるんですか! まるでどこかの国の政府みたいなことが・・・(笑)。
 
清水 できます。情報を削除させたり、検索サイトのアルゴリズム(表示のルール)を利用して、不適切なサイトの表示順位を大幅に下げたり、非表示にさせることも可能です。
 
大門 悪質な書き込みに泣き寝入りしてしまっている企業は多いでしょうからね。
 
徳丸 多いです。現在、弊社では上場企業を含め約400社とお取引をさせていただいていますが、ネットが普及した時代ならではのサービスだと自負しています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事