B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

Grue 迷える経営者の為のドクター
中小企業を救うコンサルタント

 
 

大学の先生としても活躍
若者たちに伝えたいことがある!

 
100915_k0250_g03.jpg
ローズ 経営コンサルタントとしてのご活躍の他、大学の先生もされているようですね。どのようなことを教えているのですか?
 
津留﨑 私の母校である日本大学の生産工学部で「国際建設情報」と「技術者倫理」を教えています。「国際建設情報」では、ODAなどを題材にして、世界の経済がいかにアンバランスなのかということを教えています。地球の全人口63億人のうち11億人が1日に100円も使えないという事実を伝えると、多くの学生が驚きます。
ローズ 日本で生活していると気づかないテーマですよね。特に大学生はそこまで知らないでしょう。
 
津留﨑 戦争は経済のアンバランスから起きることがほとんどなので、グローバルな視野を養うためにも、私の知る限りのことを教えていこうと考えています。
 
ローズ 「技術者倫理」はどのような内容なのですか?
 
津留﨑 文字通り技術者としての倫理、そしてキャリアデザインについて教えています。数年前に耐震強度偽装事件があったのを覚えていますか?同じことを繰り返さないために、教育の現場でも倫理についてしっかりと教えているんです。キャリアデザインもそれと共通していまして、どんな自分になっていきたいか、そのために何をすべきかの「気付き」を与えるための講義です。
 
ローズ いいですね!私も大学生のときにそんな講義を受けたかったです。
 
100915_k0250_d02.jpg
津留﨑 具体的には、10年後の「理想の自分」を語ってもらいます。アメリカのエール大学で同じ課題が出たところ、明確に答えられたのは100人中3人しかいなかったのだそうです。で、10年後に追跡調査をしたら100人の合計年収が100億円だった。そのうちの97億円が、明確に答えた3人で占められていました。
 
ローズ そんなに差が付くんですか! うわぁ・・・。こうして少しうかがうだけでも、明確なキャリアデザインを描くことがいかに大切かがわかります。学生さんたちの評判も良いでしょう。
 
津留﨑 日本大学は学生が教員を評価するシステムがあるのですが、おかげさまで高評価をもらっています(笑)。若い人に自分の経験を伝えられるのは非常に楽しいですね。
 
ローズ 企業だけでなく、これからの日本を担う若い人も支えられているんですね。今後のご活躍も楽しみです。本日は本当にありがとうございました!
 
 
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 社名 グリュ経営コンサルタント事務所
 ■ 本社 〒179-0084 東京都練馬区氷川台 3-41-13
 ■ 事業内容 経営コンサルタント業
 ■ 設立 平成19年 3月
 ■ URL http://www.grue-consul.com/