B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

FC経営の飲食店を中心に
人に喜ばれる多彩な事業

 
 

フランチャイズ業界の将来を見すえ
法整備に向けて活動中

 
091223-k0091_g05.jpg
五十嵐 竹中社長は全国FC加盟店協会の会長も務めておられます。いま注目の活動は、どんなものですか。
 
竹中 民主党を主に、ロビー活動をしています。党とパイプを作り、フランチャイズに関する法律を整備していただけるように動いています。実は、フランチャイズビジネスの業界は法律がほとんど未整備の状況でして、何でもありの世界になっているのですよ。例えば五十嵐さんがカレー屋さんを開いたとします。非常に繁盛したので、ノウハウも本部体制も確立しないまま知人に勧めて、自社の加盟店にする。この一連の流れが自由にできてしまうのです。契約書も好きなように作れます。
 
五十嵐 そんな状態とは知りませんでした。いろんな弊害がでるんじゃないですか?
 
竹中 ええ。しっかりしたノウハウや支援体制がなくてもチェーンを広げることができ、クーリングオフ制度もない。それで困ってらっしゃる店舗オーナーが非常に多いんです。逆に、大手FC本部が非常に難解な契約書を作って加盟店を縛り、経営の自由裁量権を奪うといった事例もあります。
 
五十嵐 それを是正していきたい、と。竹中社長は社会的な事案にも使命感を持って取り組んでおられるのですね。
 
竹中 使命感なんて大げさなものではないですが、なんとかしなければいけないという気持ちがあります。今の状況は我々加盟店にとっても、FC本部にとっても良くないですから。
 
 

社会貢献にも取り組み
世の中から求められる事業を続ける

 
091223-k0091_g04.jpg
竹中 地球コーポレーションを引き継ぐときに1つエピソードがありまして、実は鉛筆の在庫が30万本もあったんですよ。これをどうしようか頭を悩ませまして、結局、カンボジアの子どもたちを支援するNPOを通じて、現地に送ることにしました。鳥羽会長にもお願いして、ドトール本部に梱包・輸送などでご協力をいただきました。
 
五十嵐 こちらがその写真ですね。子どもたちがすごく嬉しそうに写っています。
 
竹中 非常に喜んでくれまして・・・。特に、色鉛筆がずいぶん人気なんですよ。反応がダイレクトに返ってくると、送ったほうはやはり嬉しいものですね。私は鉄鋼メーカーにおりましたが、鉄というのはお客様からいちばん遠い事業なので、その意味でも新鮮でした。
 
五十嵐 鉄とか電力とかの重厚長大産業は、確かに遠いですよね。
 
竹中 でも、いまはコーヒーショップも食堂もその他の事業もお客様の顔が見えて反応が早いので、続けていて面白いです。
 
091223_k0091_d07.jpg
五十嵐 では最後に、竹中社長流・仕事の楽しみ方を教えてください。
 
竹中 何かをやろうとして戦略を立てて、戦術を練り、実行し、ひとつひとつクリアしていくことでしょう。ビジネスというのは、最終目的だけを見て手段を疎かにしてしまうと本来の意義も在り方も見誤ります。これからもひとつひとつ壁を乗り越えながら、お客様に求められる事業を続けていきますよ。
 
五十嵐 これからも幅広いご活躍を応援しています。本日はありがとうございました。
 
 
 
 
 :: 会社概要 :: 
   ■ 社名 株式会社 ティ ウイングス
 ■ 本社 〒160-0022 東京都新宿区2-12-9大倉ビル603号
 ■ 事業内容 飲食店経営/燃料添加剤販売/馬油販売
 ■ 設立 平成8年8月
 ■ 従業員数 50名
 ■ URL http://www.t-wings.co.jp
http://www.fcajapan.gr.jp
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事